耐熱性酵素研究所 スタッフブログ〜製品のご紹介〜

全 54 件(全11ページ) 前へ  6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 次へ  

2015/7/22

製造部から酵素商品のご案内です

* 文字が見え辛い場合は、下に拡大版があります。

酵素名:Laccase YK1
Code:LAC-27-01


・比活性

5 U/mg以上


・反応温度

 〜95℃


・反応pH

 pH 3.0 〜 pH 5.0

*詳細は、Data sheetをご覧ください。(販売製品のご紹介にあります)


・酵素説明 

 非常に高温でも安定的に作用するため、中温度域での活性低下が起こりにくく、フェノール類の酸化に適しています。



* 下図をクリックで拡大(上記以外の情報も載せております)

2014/8/22

製造部から酵素商品のご案内(8月)です

* 文字が見え辛い場合は、下に拡大版があります。

酵素名:Glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase YK1
Code:GAP-97-01


・反応

D-glyceraldehyde 3-phosphate + phosphate + NAD+ ⇔ D-1,3-bisphosphoglycerate + NADH + H+


・反応温度

 〜70℃


・反応pH

 pH 8.0 〜 pH 11.0

*詳細は、Data sheetをご覧ください。(販売製品のご紹介にあります)


・酵素説明

 他の酵素 (特に耐熱性の解糖系酵素) の活性測定に適した酵素です。
(弊社では、Phosphoglycerate kinase YK1の活性測定に利用しています)


* 下図をクリックで拡大(文章は同一です)

2012/7/17

梅雨明けです!(お久しぶり)

本日近畿地方は梅雨明けいたしました。
みなさんお元気でしょうか?

恒例の未更新期間も半年を過ぎたあたりから弊社の中からも非難ごうごう、、
やっとの思いで更新いたしております。(ただ今自席で針のむしろな感じです)

前回のブログではトライアスロンを始めたきっかけについて書いておりましたがその続き、、と言いたいところですがまずは会社の近況をば、、

夏が来ると弊社は決算月が10月である関係上夏は追い込みの季節でございます。
私は夏が大好きなのでいいのですが研究のチームは毎年大変な時期かと思います。
今週末にはささやかな慰労会(暑気払い)を計画しております。
鼻先の人参にすらならないかもですが、、笑

最近弊社では工業用触媒酵素、とくにリン酸化酵素について重点的に開発を行っております。なかなか面白い酵素群ですのでご興味のある方はお問い合わせくださいね。
研究テーマの欄にも少しだけ紹介されております。

お待たせいたしました。トライアスロン情報です!
といいたいところなのですが、、実はこのブログ、書いている途中でいったんデータが飛びました。。涙
なのでこのコーナーは少しだけ、、
実は2年前に大会で大けがをしたのですが2年たってようやくタイムや体力が怪我の前の水準に戻ってきました。
そのあたりは皆さんのおしかりを受けないくらいの期間で詳しく更新したいと思います。

ではでは

2011/11/17

なんと半年ぶり!

皆さんお久しぶりです。

半年ぶりの更新です。
もう半ば開き直っております。。。(っすみません)

弊社も10月末で第8期を終え今月から第9期となりました。
支えてくださるお客様、株主様、そして従業員の皆様のおかげで頑張れております。
まだまだ改善すべき点が満載ではございますが少しずつ状況が良くなってきているのを肌で感じるようになりました。

会社にとって数字が大事なのはもちろんのことなのですがお客様の満足をいかにして得られるかを追求していくといずれ数字に反映されると信じて日々開発、生産に努力いたしております。

これからもお客様に「かゆい所に手が届く」商品をお届けするために頑張ってまいりますので今後ともご支援をお願いいたします。

さて、最近、数名の方から「どうしてトライアスロンをやっているの?」や「なんであんなしんどいことするの?」などと質問を受けます。そんなに不思議なことではないとは思うのですがここにトライアスロンを始めたきっかけと続けている理由をご紹介しようと思います。

私が最初にトライアスロンという競技を知ったのは確か中学生になったばかりのことだったと思います。テレビでみて外国の選手が最後のランの場面で「WATER!!」と叫んで水をもらっていたのを覚えています。その叫びが本当に心の底から水を望んでいるような感じだったのでなんて苦しいスポーツなんだろうと思ったのを覚えております。
しかしながら同時にいつかはこんなことをやってみたいと思ったのです。

時は(ずいぶん)流れて2009年のこと
スポーツジムに通っていた私はひょんなことから腰を痛めてしまいました。
もともとスポーツジムに通い始めたのはこの会社の社長になる話が舞い込み始めたころでした。精神的に強くないと社長なんて引き受けられない、そのためにはまず体からだ!と、脳みそまで筋肉な私はそう考えて入会したのでありました。

話は腰痛に戻りますが4月にいきなりの腰痛で動けなくなった私は3か月の間運動もできずにいました。そんなときにただ身体をやみくもに動かしていてはだめだと思い、何か目的をもった運動をしなければとおもったわけです。
さて、何をしようかと思ったときに思いついたのが「トライアスロン」。
いつかはと思っていた競技が頭に浮かびました。昔からテニスやサッカーはやっていたのですが純粋に体力だけでぶつかる持久的なスポーツをやってみたかったのです。

思い立っては見たもののトライアスロンってどうやって始めるんでしょう?
どうやら自転車がいりそうですなぁ、長いこと泳ぐのならウェットスーツもいるかしら、、などと考えてるとめちゃくちゃ出費がかさみそうです。
いや、ここで退路を断っておかなければ継続はできない!そうおもい清水の舞台から3〜4回飛び降りるつもりで自転車を購入いたしました。

次回に続く、、、(笑)

2011/5/9

元気ですか?(ニッポンを元気に!)

半年ぶりですね。
はい、お叱りはごもっともでございます。

特に深く沈んでいたわけではございません。
ありがたいことに忙しくさせていただいておりまして、書くネタもあれやこれやとあったのですが更新しないまま月日が経ってしまいました。

さて、皆さんもご承知のように3月に大きな震災が発生いたしました。
被災された方の生活の確保や原発を始め数々の工場の在り方を再考しなければならないと改めて考えさせられました。

私自身も16年前に阪神地区で被災を致しました。
祖母の家は全壊、私の住んでいたマンションは倒壊はまぬがれましたが3カ月は水、ガスが来ない生活でした。

今回の震災は主に津波の被害ですね。
大量の水が持つ破壊力は想像を絶する威力でした。水をなめてはいけないと日頃から私もよく言いますがこのような映像を見るとますますその思いが強くなります。

さてさて、私たちの会社でも、たくさんのお客様が被災されました。
研究室がボロボロになったところを始め、出社停止など様々な形で被害をこうむられたようです。

そんな中、私たちにできることはなんだろうと考えました。
私たちはお客様の一日も早い復旧を願いつつ、復旧されたときにすぐにお仕事が開始できるように商品の拡充、新開発を行うことにしました。

見た目には地味な支援ではありますが小さい会社でできることを精一杯やらせていただこうと思っております。

被災された皆様におかれましてはお見舞いならびに一日も早い復旧を願ってやみません。


今回の震災で考えたことに化学産業における触媒の在り方がありました。
難しい話はさておき、高温、高圧、引火性の高い薬品をたびたび使用する化学業界で危険性の少ない酵素を触媒として活躍させるわけにはいかないだろうか、ということです。
もちろん、酵素とて万能なわけではありませんが安全を考えておきかえられるところは置き換えていければと考えております。

詳しくはお気軽にお問い合わせくださいね。


さてさてさて
私個人のお話で恐縮ですが、、、
昨年の7月に大けがを致しましたがこの4月にやっとトライアスロンへの復帰ができました。まだ体調は万全ではないですが戻ってこれたことに感謝です。

というわけですこぶる元気です。
そしてニッポンを元気にしていきましょう!!

ではでは

このページのトップへ

  • 耐熱性酵素研究所社長ブログ
株式会社
耐熱性酵素研究所
〒650-0047
神戸市中央区
港島南町5-5-2-402
神戸国際ビジネスセンター内
TEL (078)302-5502
Email info@tainetsu.com
耐熱性酵素研究所への問い合わせ