耐熱性酵素研究所 スタッフブログ〜製品のご紹介〜

全 59 件(全12ページ) 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次へ  

2016/7/8

製造部から酵素商品のご案内です

* 文字が見え辛い場合は、下に拡大版があります。

酵素名:Pullulanase KS1
Code:PLN-97-01


・比活性

25 U/mg以上


・反応温度

 〜90℃


・反応pH

 pH 4.5〜7.0

*詳細は、Data sheetをご覧ください。(販売製品のご紹介にあります)


・酵素説明 

 プルランやでんぷんの糖化に適している


* 下図をクリックで拡大(上記以外の情報も載せております)

2016/6/2

製造部から酵素商品のご案内です

* 文字が見え辛い場合は、下に拡大版があります。

酵素名:Glucokinase YK1
Code:GLK-97-01


・比活性

40 U/mg以上


・反応温度

 〜80℃


・反応pH

 pH 7.5 〜 pH 11.0

*詳細は、Data sheetをご覧ください。(販売製品のご紹介にあります)


・酵素説明 

 診断試薬などへの使用に適している。


* 下図をクリックで拡大(上記以外の情報も載せております)

2016/5/9

製造部から酵素商品のご案内です

* 文字が見え辛い場合は、下に拡大版があります。

酵素名:Lactate dehydrogenase 2
Code:LDH-97-01


・比活性

5 U/mg以上


・反応温度

 〜70℃


・反応pH

 pH 6.0 〜 pH 8.5

*詳細は、Data sheetをご覧ください。(販売製品のご紹介にあります)


・酵素説明 

 診断試薬などへの使用に適している。


* 下図をクリックで拡大(上記以外の情報も載せております)

2016/4/7

製造部から酵素商品のご案内です

* 文字が見え辛い場合は、下に拡大版があります。

酵素名:Alcohol dehydrogenase YK1
Code:ADH-27-01


・比活性

10 U/mg以上


・反応温度

 〜85℃


・反応pH

 pH 4.5 〜 pH 7.0

*詳細は、Data sheetをご覧ください。(販売製品のご紹介にあります)


・酵素説明 

 基質特異性が広く、特に長鎖の基質に対して高い反応性を示す。


* 下図をクリックで拡大(上記以外の情報も載せております)

2016/2/12

製造部から酵素商品のご案内です

* 文字が見え辛い場合は、下に拡大版があります。

酵素名:Alcohol dehydrogenase HI2
Code:ADH-73-02


・比活性

0.1 U/mg以上


・反応温度

 〜65℃


・反応pH

 pH 4.5 〜 pH 6.5

*詳細は、Data sheetをご覧ください。(販売製品のご紹介にあります)


・酵素説明 

 非常に高温で反応するので反応温度を上げることで反応速度を高めることが可能



* 下図をクリックで拡大(上記以外の情報も載せております)

このページのトップへ

  • 耐熱性酵素研究所社長ブログ
株式会社
耐熱性酵素研究所
〒650-0047
神戸市中央区
港島南町5-5-2-402
神戸国際ビジネスセンター内
TEL (078)302-5502
Email info@tainetsu.com
耐熱性酵素研究所への問い合わせ